水泳授業休みたい!」なぜうちの子は水泳嫌い?克服法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
水泳 授業アイキャッチ画像

6月下旬くらいになると、多くの学校で水泳授業が始まります。「水泳授業大好きー!楽しみー!」という子供もいれば、「水泳なんて大嫌い。休みたい…」という子供もいますよね。

 

そう、水泳嫌いの子にとっては、水泳授業は「とにかく嫌な時間」なんですよね。

 

また、水泳授業について悩むのは、水泳嫌いの子供だけではありません。「水泳嫌いのお子さん」を持つ親御さんにとっても「悩みの種」だと思います。水泳授業に対して愚痴を言うわが子、何かと理由をつけて授業を休もうとするわが子…。親御さんは、「子供の水泳嫌いとどう向き合おうか…」と考えこんでしまうことでしょう。

 

では、そもそもなぜ、子供が水泳嫌いになってしまうのかというと、

  • 水が怖い
  • 距離が伸びない/ タイムが遅い
  • 周りの生徒と比較されるのが嫌
  • 男子、女子の目が気になる

このあたりが多いようです。

 

さらに詳しくみてみましょう!

 

1. 「水が怖い」というお子さんの場合

「水が怖い。だから水泳なんてできないよ!」というお子さんもいます。そのようなお子さんの場合、まずお家で水に慣れる訓練をしてみましょう。その際、親御さんが立ち会ってあげると、子供も安心できると思います♪

 

1-1. お家でやってみよう!水に慣れる練習

お子さんが、身体に水が触れることをそもそも嫌がる場合、まずは「シャワーを浴びれるようになること」「顔を洗えるようになること」から始めてください。すでに、「シャワーを浴びられる子」や「顔が洗える子」は、以下の訓練をしてみましょう。

 

―水に顔をつける訓練をしよう―

(1) 「水中に顔を入れたら鼻から息を吐く→水中から顔を出したら残っている息を口から『パッ』と吐ききる(息を吐ききることで、新しい空気をたくさん吸い込める)」

 

ができると、実際に泳ぐ際に楽に息継ぎができます。まずは、水中での息の使い方を、親御さんが子供に教えてあげましょう。

 

(2) 水orぬるま湯の入った風呂おけを用意します。

 

(3) お子さん自身で、お子さんの顔を②の風呂おけにつけさせます。その際、①で教えた息の使い方を子供に実践させましょう。

 

(4) お子さんが慣れてきたら、水中で目を開けることを教えてあげてください。そうすると、いざ学校の授業でゴーグルが外れてしまった際も、大パニックにならずにすむでしょう。

 

「水を顔につけられるようになった!」と自信がつくだけで、お子さんの「水への恐怖心」はかなり薄らぐと思います。いきなり子供とプールに行って、スパルタ訓練をするのではなく、まずは「子供のできそうなこと」から始めましょう。

 

1-2. 子供があまりにも水を怖がるときは

水に対して、どうしようもない不安感や恐怖感を抱いている子もいます。(=水恐怖症)

 

「うちの子があまりにも水を怖がる」「家で水と触れ合う訓練をしたが、どうしてもダメだった」という場合は、心療内科・精神科などの受診を考えましょう。

 

「水が怖いくらいで病院?」と思う親御さんもいるかもしれませんが、お子さんにとって水は「本当に怖くて怖くて仕方がないもの」なのです…。専門家に相談し、具体的な解決策を探ってみるべきです。

 

2. 「距離が思うように伸びない」「タイムが遅い」というお子さんの場合

「一生懸命泳いでいるのに距離が伸びない!」「良いタイムを残せない!」と悩んでいるお子さんもいるでしょう。頑張っているのにも関わらず、思うような結果が出ないと、やる気がなくなってしまう原因に。

 

そんなとき、親御さんはお子さんと一緒に「正しい泳ぎ方」を再確認しましょう。もしかすると、お子さんが泳ぐ際のフォームが崩れているから、思うような結果がでないのかもしれません。

 

ここでは小学校中学年くらいから習うであろう「クロール」「平泳ぎ」の正しい泳ぎ方をご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

2-1. 「クロール」の泳ぎ方

まずは「クロールの泳ぎ方」から見てみましょう。

 

―足―

クロールは「バタ足」で泳ぎます。バタ足をする際は、足を伸ばしましょう。そして、左右の足の親指が、こすれるかこすれないくらいで動かします。

 

※膝から下だけをばたばたと動かすのではなく、足全体を動かすイメージです。

 

―手―

前方に回した手は、できるだけ遠くへ伸ばしましょう。水中で手を回すときは、ふともものすぐ横を通過させ、肘を水から引き抜きます。

 

―息継ぎ―

クロールといえば、息継ぎが上手く出来ず、途中でしんどくなってしまう人が多いですよね…。息を吸うのは、片手が前へ伸び、もう一方の腕を身体の下で回すときに行います。伸ばしている腕の方の肩に、耳をつけて息継ぎをします。

 

―最高のお手本動画はこちら!—

文字だけでは、いまいちイメージができないと思います。そんなときは、動画で学びましょう。以下は「コナミスポーツクラブ」さんの動画。とっても分かりやすいです。

 

クロールのコツ~高安亮選手のお手本~【コナミメソッドまとめ】

https://www.youtube.com/watch?v=eyuSaNJWup0

 

2-2. 「平泳ぎ」の泳ぎ方

次は「平泳ぎ」の泳ぎ方です。

 

―足―

足は「カエルの足」をイメージしてください。

 

(1) 足を伸ばす

(2) つま先を外側を開いて膝を曲げ、ひし形の状態に

(3) かかとを外に向かって押し出す

(4) 押し出した足を真っすぐの状態までもってくる

 

以上が足の基本動作です。

 

―手―

水を前から後ろに、手で押すイメージです。水が指と指の間からすり抜けてしまわないよう、指は軽く揃えるようにしてください。

 

―息継ぎ―

息継ぎは、手で水を押すときに、顔を上げて行います。

 

―最高のお手本動画はこちら!—

こちらもコナミスポーツクラブさんが、分かりやすい動画をアップされていました!動画で見ると、手足を動かすタイミングがよく分かります。

 

平泳ぎのコツ~高安亮選手のお手本~【コナミメソッドまとめ】

https://www.youtube.com/watch?v=XS_Eumj53xc

 

平泳ぎは「伸び」が肝心です。手足を伸ばすときは、前へ進むときですので、このときに慌てて次の動作をしないようにしましょう。「前へ進まなくなってきた」と感じてから動かすようにするとよいです)

 

3. 「周りの生徒と比較されるのが嫌」というお子さんの場合

これは筆者である私も、学生時代に感じていたこと…。

 

上手に泳げる子が隣のレーンで泳ぐこととなり、その子がぐいぐい自分より先に進んでしまうと、なんだか惨めな気持ちになるんですよね…。また、その光景をプールサイドにいる子たちに、じいーっと見られるのも苦痛で。なんというか「一緒に泳ぐ子と比較されているんじゃないか」と学生時代の私は感じていました。

 

案外、学生時代の私のような思いを持っているお子さん、多いと思うんです。

 

もし、あなたのお子さんが「泳ぐことに自信がない…」「みんなよりも泳ぐのが遅い…」と悩んでいたら、「いつも頑張って授業を受けているからそう思ったのね。授業を頑張れることは、とても素敵なことなの」と子供が授業を受けていること自体を、親御さんは認め、褒めてあげましょう。

 

そうすることで、「もうちょっと頑張ってみようかな」と子供は自ら思うことができるはずです♪

 

また、親御さんがお子さんに「正しい泳ぎ方」を教えてあげ、自信をつけさせてあげるのもいいですね。

 

4. 「男子、女子の目が気になる」というお子さんの場合

小学校高学年・中学生くらいになると、「自分自身の身体の成長を、周りの人(とくに異性)に見られたくない!!」というお子さんもいることでしょう。よく分かります…。水着って、ピタッとしているから体型が丸わかりで、嫌なんですよねえ。

 

もし、お子さんが「水着を着た際の体型」に悩んでいるのであれば、いっそ水着を変えてみてはいかがでしょうか? スクール水着にも色々なタイプがあるんです♪

 

―男子の場合―

「あまりにも身体にフィットする水着は嫌!」という男の子もいます。その場合は、「サーフパンツタイプ」の水着がおすすめです。

 

―女子の場合―

「スカート付きのワンピースタイプ」や「オールインワンタイプ」のスクール水着を検討してみてはどうでしょうか。太ももがやや隠れるので、ずいぶん気も楽になると思います!

 

学校によってはスクール水着のデザインに対して、細かい指定があるところも。水着のことで悩んだら、まずはお子さんが通っている学校の水着の条件を知った上で、購入するのがいいでしょう。

 

また、「周りに自分と同じような水着を着ている人がいない。だからその水着は着たくない」という子供もいると思います。スクール水着を決めるときは、親御さんだけで決めるのではなく、お子さんとも相談しましょう。

 

5. 「怪我」「体調不良」「生理」などで水泳授業を休むときは

「怪我をした」「体調が優れない」の他に、女子の場合は「生理になってしまった」という理由で水泳授業を見学したいときがあると思います。

 

そんなときは学校から配布された水泳カードや生徒手帳、場合によっては連絡帳に「〇〇のため、水泳授業を見学させます」と親御さんが記入し、サインをしてあげます。

 

見学理由が生理の場合、「『生理で見学』と書くのは、ちょっと恥ずかしい?」と感じる親御さんもいるかもしれません。しかし、「生理」はちっとも恥ずかしいことではありません。生理は多くの女性が経験すること。将来、あなたのお子さんが、「お母さん」になるために必要なことなのです。親御さんは、堂々と「生理のため見学させます」と記入してあげてください。

 

(親御さんではなく、お子さんが「生理って書かないで」という場合は、「腹痛のため」「体調不良のため」と書いてあげるのもよいでしょう)

 

6. 色んな理由をつけて「水泳授業休みたい」という子には現実を伝える

本当は怪我・体調不良・生理でもない。それにも関わらず、「〇〇だから水泳を見学するー」と何かと理由をつけて授業を休もうとする子がいます。水泳がよっぽど嫌いなんでしょうね…。

 

そのような子には、「水泳授業がどうして嫌いなの?」と親御さんから尋ねてみてください。このページの1章~4章にあるような理由で水泳が嫌いな場合は、それぞれの理由にあった解決法で水泳嫌い克服を目指しましょう。

 

しかし「面倒くさいから」「なんとなく嫌」など、いまいち理由がはっきりしない場合は、「プールの授業をちゃんと受けないと、どんなことになるのか」という事実をお子さんに伝えましょう。

 

―プールの授業を受けないとどうなるの?-

  • 体育の成績が下がる原因になる
  • 受験を控えている子の場合は、内申点に響く可能性がある
  • 水泳授業を頻繁に休むと、周りの子の水泳スキルに追いつけなくなる。結果、水泳への苦手意識がさらに強くなる

 

親御さんが「水泳授業を受けないとどうなるか」を具体的に説明してあげると、お子さんも簡単には「水泳授業を休みたい」と言わなくなるはずです。

 

それでも、激しく水泳授業を嫌がる場合は、お子さんの先生に相談してみましょう。

 

7. どうしてプールの授業が必要なの?

「どうして水泳授業って必要なのかなあ…」

 

あまりに子供が水泳授業を嫌がると、親御さんも「水泳授業がある意味」を思わず考えてしまうと思います。ということで、この章では、そんな親御さんの疑問にお答えしていこうと思います。

 

なんとなく皆さん予想がつくと思いますが、水泳授業がある意味は、

  • 健康的な身体づくり
  • 水難事故防止

の大きく2つに分かれると思います。

 

「『健康的な身体つくり』については理解ができる。だけど『水難事故防止』って…。池・川・海など、水がある場所に行かなければいい話なんじゃないの?」と思った方もいるでしょう。

 

しかし、お子さんが将来「水がある場所に行かない」と誰も断言できません…。お子さんは将来、お友達と川辺でバーベキューをするかもしれません。また、いつかは恋人と一緒に海へ出かけるかもしれません。

 

水泳が嫌いでも「水がある場所に行く機会」は案外あります。そんなときに、お子さんが万が一、川や海に入り、溺れそうになったとしたら…。少しでも泳げることで、「命が助かる可能性」は上がるでしょう。

 

そう考えると「水泳授業の大切さ」がよく分かりますよね。

 

8. まとめ

「お子さんが水泳嫌いの理由」~「どうして水泳授業が必要なのか」をお話ししてきました。

 

水泳嫌いのお子さん」を持つ親御さんは、水泳授業を嫌がる子供を見ると、「コラーッ!ちゃんと授業を受けなさい!!」と思わず怒りたくなってしまうこともあるでしょう。しかし、どうかその怒りは心の中にしまっておくようにしてください…。そして、親御さんがお子さんに救いの手を差し伸べてあげましょう。

 

親御さんがお子さんに救いの手を差し伸べ、水泳嫌い克服のために行動できると、お子さんの水泳嫌いも少しずつよくなっていくはずです♪

 


【参考書籍】

・長谷 優『これで25メートル泳げる! 子どもに水泳を教える本』メイツ出版、2014

・平川 譲『苦手な運動が好きになるスポーツのコツ〈3〉水泳』ゆまに書房、2005

関連記事