知育菓子種類や効果|子供の発育に楽しく活用してください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
知育菓子

子供の将来のために、小さい内から教育を施し、学習能力を上げていきたいと考えているお母さん・お父さんも多いのではないでしょうか。

 

子供が小さい内から脳機能の発達のために教育していくことは、思考力や創造力を向上させてくれるなど、科学的にも証明されていて有名ですよね。

 

子供の思考力や創造力を高めてあげることは、子供の将来的な考え方や性格にまで影響してきます。

将来子供には、豊かな考え方や前向きな性格の人間に育っていって欲しいものですよね。

 

ただし、こういったことにお母さん・お父さんだけが関心を持っていても駄目ですし、ましてや子供が好奇心を持って取り組んでくれるのか少々不安になります。

 

大抵の子供は、自分が嫌だと思ったことはやらないことが多いですよね。

ではそんな子供に、興味を持ってもらえるもので関心を持ってもらいましょう。

いろいろとありますが、代表的なものは「お菓子」ではないでしょうか。

 

お菓子を嫌がる子供は、ほとんどいないですよね。

そんなお菓子と脳を発達させる考えを組み合わせた知育菓子という商品があることを、あなたはご存じだったでしょうか?

 

知育菓子に対して「本当にそんなお菓子があるの?」という不安や「脳を発達させるためのお菓子だなんてなんだか体に悪そうじゃない?」という心配も当然出てくると思います。

さらに「そもそもお菓子で思考力や創造力を向上させることなんてできるの?」という知育菓子に対する疑問も出てくるでしょう。

 

そんな知育菓子に対する疑問などを解決するために、これから種類や効果など知育菓子についてお話させていただきます。

また、どんな知育菓子の商品があるのか、一部をご紹介していきます。

 

【関連記事】

 

 

1.知育菓子ってどんなもの?

知育菓子と言われて思い出される代表的な商品といえば、1986年に発売がされたクラシエフーズの「ねるねるねるね」が有名ですよね。

 

知育菓子と定義される「粉と水とで作る楽しいお菓子」は、実に1978年頃から販売されています。

子供の脳機能アップのために、自分で考えながら簡単に作ることができ、疑似料理のような形でいろいろなお菓子を作ります。

 

子供が小さい時から、思考力や創造力の可能性を広げるためにも、知育菓子の活用をおすすめいたします。

1-1.知育菓子の効果

まずはこの知育菓子というものが、子供の成長にとってどれだけ効果を発揮してくれるのかについて、お話していきます。

 

大きく分けて、
・脳の発達への効果
・コミュニケーションなどの感受性

という2点の効果になります。

1-1-1.脳への刺激

子供が知育菓子を作ることにより、一番効果を発揮してくれるのは、脳へ刺激を与えて脳機能の発育を促進してくれるという点になります。

 

これは、子供が小さい時から脳の神経伝達回路である「シナプス」※1が、外からの刺激を受けることにより、頭の良い子に育つと言われているからです。

また、このシナプスは1度の刺激よりも複数の刺激を与えることで、脳への効果はより強固なものになります。

 

その点で考えると、知育菓子はただお菓子を作っているだけと思ってしまうかもしれませんが、作る工程の中で手を使って細かい作業をおこない、最終的に食べるなど五感を全て使って複数の刺激を与えることで、脳に良い効果をもたらします。

特に、脳の発達途中である赤ちゃんの内からたくさん脳に刺激を与えることは、より良い脳を育むことができ、将来の学習能力や仕事面にも影響してくると言われているため、とても重要になってきます。

 

※1.シナプス
神経細胞と他種細胞間に形成されている、シグナル伝達などの神経活動に関わる接合部位。

 

1-1-2.考える力を養う

先ほど知育菓子を作ることで、脳に刺激を与えてくれるというお話をしましたが、そんな脳の中でも一番効果的に刺激される場所が「前頭前野※2になります。

前頭前野は脳機能の中でも、思考力などの「考える」という行為において、とても重要な器官です。

 

子供の内からこの前頭前野が刺激され考える力を養うことは、将来的に自分のやりやすい勉強法を考えることや効率の良い仕事のやり方を思いつくことができるなど、考えて行動する能力が身につき、いろいろな場面で好影響を与えてくれるでしょう。

 

知育菓子を作る行為は、目の前にあるお菓子を材料の状態から完成させるという課題を解決するため、子供なりに想像しながらいろんな方法を駆使していくことで、考える力を養っていくことができます。

 

※2.前頭前野
思考力や創造力などを司る脳の最高中枢器官と言われています。

 

1-1-3.天才を育てるわけではない(思考力や創造力を育てる)

ここで、決して勘違いして欲しくないのが、知育菓子による脳への刺激や発達についてお話をしてきましたが、子供を小さい内から天才に育て上げようというわけではありません。

知育菓子を用いて発達させてあげたいのは、
・思考力
・創造力

という2つの能力です。

 

将来的に思考力は、勉強においての考える力につながることはもちろんですが、仕事などで問題が発生した時の解決力などにつなげることができます。

創造力は、何事にも研究熱心な力につながりますし、周りの人が考え付かない発見や物を作るなどの力につなげることもできます。

こういった力(能力)というのは、学校や社会に出た時に絶対に必要なスキルになってきます。

 

知育と聞くと天才(他の子よりも頭の良い子供)を育てるようなイメージになりますが、そうではなく子供の将来のために、知育菓子を利用して能力を高めて上げるというふうに考えてあげましょう。

1-1-4.子供の好奇心や達成感を養う

子供の好奇心や達成感を養うには、まず子供に興味を持ってもらうことがとても大切です。

その点で知育菓子はそもそもお菓子になるため、ほとんどの子供が嫌がることはないと思いますし、カラフルな材料の色などに好奇心がかき立てられ、子供自ら興味を持ってくれることでしょう。

 

子供の好奇心を育ててあげることは、脳の発達につながることはもちろん、子供の将来的な秘めたる才能を引き出せる可能性もあります。

もし子供が知育菓子を作成している時に
「これは何?」
「なんでこうなるの?」

などと、質問をしてきたらしっかりと優しく答えてあげましょう。

 

また、工作のような要領で知育菓子を作っていき、完成させることで子供の達成感や満足感を生むことができます。

これもまた、子供の内から感じておくことで、何かをやり遂げる力を身に付けられますし、新しいことに挑みたいと思うチャレンジ精神を養えます。

 

子供の
「これはやってみたいな!」という【好奇心】
「やったー!完成した!」という【達成感】

というのは、間違いなく良い記憶としてお子さんの頭に残りますし、脳への知育効果をより高めてくれるでしょう。

1-1-5.親子のコミュニケーションを深める

子供が小さい時に、親子で良いコミュニケーションを取ることは、脳の発達においてもとても大切になってきます。

 

知育菓子の作業を子供1人ですべておこなうのはなかなか難しいため、親子の共同作業になることでしょう。

このように、親子で仲良く共同作業することで、コミュニケーションを深めていくことができます。

こういった思い出は子供の中で、確実に良い記憶として残るため、脳に良い効果をもたらし、子供の知育効果をさらに高めてくれます。

 

また、いくら子供とコミュニケーションを取ろうと思っても、子供におしつけるようなやり方はやめてください。

必ず子供から自発的に、知育菓子を作りたいと思わせるようにしましょう。

そうしなければ子供の好奇心が養われず、嫌々な状態になってしまうからです。

1-2.知育菓子の健康面への影響

知育菓子のカラフルな見た目などを見て、あなたが一番に思うことは、子供の健康面への影響ではないでしょうか。

あれだけのカラフルな見た目をした知育菓子ですから、相当な着色料や有害なものが入っているのではないかと心配になりますよね。

 

では、実際のところどうなのでしょう。

実際にメーカーの公式サイトや知育菓子の袋の裏面などを見ると、保存料や合成着色料は使っていないと表示されています。(一部使用しているメーカーも有ります)

 

ちなみに、一例として赤紫色は赤キャベツの葉っぱ、黄色はクチナシの果実、青色はスピルリナという藻類などを、知育菓子の着色に使用しているとのことです。

これらの色を混ぜて変化させるために、赤キャベツやブルーベリーなどに含まれているアントシアニン系の色素も用いられているそうです。

 

また、材料を混ぜることで膨らむ知育菓子も多いですが、これも重曹とクエン酸によるもので、体に対する影響はほとんどありません。

栄養素としてカルシウムなども含まれていますし、知育菓子は安心して子供に与えていただけるものです。

 

ただし、効果を保証するものではありませんし、あくまでもお菓子ですから糖質なども多く含まれているため、子供への与え過ぎには注意してくださいね。

 

2.おすすめの知育菓子の商品紹介

ここからは、ぜひ親子で楽しく作って食べていただきたい、おすすめの知育菓子種類にはどんなものがあるのか。

一例をご紹介していこうと思います。

2-1.「ねるねるねるね」

知育菓子で歴史があり、大人から子供まで広く知られているのが「ねるねるねるね」です。

「ねるねるねるね」だけでも、数種類のレパートリーがあるようですよ。

 

【商品紹介】

水をいれてねると、色が変わってふわふわ膨らむ知育菓子!トッピングをつけておいしく食べよう!カルシウム配合。合成着色料・保存料不使用。安心してお召し上がりいただけます。

■フレーバー:ねるねるねるね:ブドウ味、ソーダ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:100円(税抜)

■栄養成分

1食(23.5g)当たり [熱量 91cal/たんぱく質 0.3g/脂質 0g/炭水化物 23g/ナトリウム 78mg/カルシウム 34mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

本品は小麦、乳を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ねるねる

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo1_01.jpg

2-2.ポッピンクッキンシリーズ

2006年から販売されているクラシエフーズの「ポッピンクッキンシリーズ」

ポッピンクッキンは「たのしいケーキやさん」からその歴史が始まったと言われ、子供のケーキ屋さんになりたいという気持ちをヒントに開発された知育菓子です。

 

子供の早く大人になりたいと思う気持ちや大人の真似をする行動を参考にして、いろんな種類を開発しています。

2-2-1.「たのしいラーメンやさん」

本物そっくりなラーメンが作れる手作り知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー: たのしいラーメンやさん:ソーダ味&コーラ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:160円(税抜)

■栄養成分

1食(25g)当たり [熱量 99kcal/たんぱく質 0g/脂質 1g/炭水化物 23g/ナトリウム 10mg/カルシウム 55mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、いか、ゼラチン

本品は卵、小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ラーメン

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_10.jpg

2-2-2.「くるくるたこやき」

くるっとまわして本物そっくりなたこやきが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:くるくるたこやき :マヨソース味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:160円(税抜)

■栄養成分

1食(16g)当たり [熱量 68kcal/たんぱく質 0.8g/脂質 2g/炭水化物 12g/ナトリウム 235mg/カルシウム 93mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

卵、乳、小麦、オレンジ、大豆、鶏肉、豚肉、りんご

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

たこ焼き

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_08.jpg

2-2-3「たのしいケーキやさん」

これであなたもケーキやさん!憧れのケーキ作りを楽しく体験できる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:たのしいケーキやさん :いちごバニラ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:200円(税抜)

■栄養成分

1食(26g)当たり [熱量 113kcal/たんぱく質 0.4g/脂質 2.6g/炭水化物 22g/ナトリウム 34mg/カルシウム 94mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

小麦、乳、大豆

本品は卵を含む製品と共通の設備で製造しています。原材料の一部に落花生を含む製品を製造している工場でつくられているものがあります。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ケーキ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_05.jpg

2-2-4.「たのしいおすしやさん」

これであなたもおすしやさん!本物そっくりなおすしが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:たのしいおすしやさん :グレープ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(28.5g)当たり [熱量 112kcal/たんぱく質 0.1g/脂質 0.4g/炭水化物 27g/ナトリウム 32mg/カルシウム 198mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、いか、ゼラチン

本品は卵、小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

おすし

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_04.jpg

2-2-5.「つくろう!おべんとう!」

大好きなおべんとうを楽しく手作りする知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:ソーダ味、イチゴ味、オレンジ味、マスカット味、グレープ味、レモン味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(29g)当たり [熱量 113kcal/たんぱく質 0.1g/脂質 0.5g/炭水化物 27g/ナトリウム 37mg/カルシウム 160mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、卵、大豆、いか

本品は小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

おべんとう

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_03.jpg

2-2-6.「おえかきグミランド」

おえかき感覚でいろんな色や形のカラフルなグミを作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:レモン味、グレープ味、ソーダ味、グレープソーダ味、オレンジ味、レモンソーダ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:160円(税抜)

■栄養成分

1食(27g)当たり [熱量 104kcal/たんぱく質 0.01g/脂質 0g/炭水化物 26g/ナトリウム 16mg/カルシウム 66mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

該当するものはありません

本品は小麦、卵、乳を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

グミ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_01.jpg

2-2-7.「おえかきキャンランド」

好きな色をぬろう!色々な形や色で自分だけのキャンディが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:ソーダ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:160円(税抜)

■栄養成分

1食(24g)当たり [熱量 106kcal/たんぱく質 0.3g/脂質 3.4g/炭水化物 19g/ナトリウム 3mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、ゼラチン、大豆

本品は小麦、卵を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

キャンディ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_07.jpg

2-2-8.「ねりきゃんランド」

自由に色や形が作れる!まるでねんどのようなソフトキャンディの知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:グレープ味+ソーダ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:200円(税抜)

■栄養成分

1食(42g)当たり [熱量 174kcal/たんぱく質 0.4g/脂質 4.4g/炭水化物 35g/ナトリウム 0mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、大豆、いか、ゼラチン

本品は小麦、卵を含む製品と共通の設備で製造しています。原材料の一部に落花生を含む製品を製造している工場でつくられているものがあります。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ねり

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo2_02.jpg

2-3.ハッピーキッチンシリーズ

ポッピンクッキンシリーズと同様に、工作のように知育菓子を作り上げていきますが、より料理をしているような感覚で作っていくことができます。

2-3-1.「たいやき&おだんご」

簡単に本物そっくりなたいやきとおだんごが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:たいやき&おだんご:たいやき(チョコクリーム)味&いちごだいふく味&みたらだんご味&ラムネ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(39g)当たり [熱量 159kcal/たんぱく質 1.2g/脂質 2.5g/炭水化物 33g/ナトリウム 123mg/カルシウム 160mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、卵、小麦、大豆

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

たいやき

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo3_05.jpg

2-3-2.「ハンバーガー」

味も見た目も本物そっくりなハンバーガーが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:ハンバーガー味&ポテト味&コーラ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(22g)当たり [熱量 95kcal/たんぱく質 1.1g/脂質 2.9g/炭水化物 16g/ナトリウム 246mg/カルシウム 66mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、卵、小麦、大豆、豚肉、鶏肉

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

バーガー

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo3_03.jpg

2-3-3.「ドーナツ」

ドーナツを作ってデコレーションが楽しめる手作り知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:カスタード味&ココア味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(41g)当たり [熱量 181kcal/たんぱく質 0.5g/脂質 4.5g/炭水化物 35g/ナトリウム 21mg/カルシウム 139mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

小麦、乳、大豆

本品は卵を含む製品と共通の設備で製造しています。原材料の一部に落花生を含む製品を製造している工場でつくられているものがあります。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ドーナツ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo3_02.jpg

2-3-4.「ミックスピザ」

味も見た目も本物そっくりなミックスピザが作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:ミックスピザ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:250円(税抜)

■栄養成分

1食(30g)当たり [熱量 132kcal/たんぱく質 2.1g/脂質 4.4g/炭水化物 21g/ナトリウム 312mg/カルシウム 123mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

乳、卵、小麦、大豆、豚肉、ゼラチン

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

ピザ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo3_04.jpg

2-4.ふしぎはっけん!シリーズ

2015年3月16日に発売された子供の好奇心を刺激してくれる知育菓子です。

2種類の液を混ぜ合わせることで、色が変わりながらどんどんふくらみ、ふわふわした泡の状態になって固まる不思議なゼリーの知育菓子です。

2-4-1.「変身あわゼリー」

実験みたいに作ってみよう!色が変わってどんどんふくらむ不思議な知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:グレープ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:100円(税抜)

■栄養成分

1袋(21g)当たり [熱量 80kcal/たんぱく質 0.03g/脂質 0g/炭水化物 20g/ナトリウム 126mg/カルシウム 74mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

本品は乳、小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

あわ

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo5_01.jpg

2-4-2.「なるなるグミの実」

グミの木を作ろう!くるくるまわせばどんどん大きく!グミの実が作れる知育菓子

 

【商品紹介】

■フレーバー:グレープ味、ソーダ味

■形態・サイズ:

■販売地区:全国

■希望小売価格:120円(税抜)

■栄養成分(グレープ味)

1食(16g)当たり[熱量 62kcal/たんぱく質 0.01g/脂質 0g/炭水化物 15g/ナトリウム 30mg/カルシウム 44mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

卵、乳

本品は小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

■栄養成分(ソーダ味)

1食(16g)当たり[熱量 62kcal/たんぱく質 0.02g/脂質 0g/炭水化物 15g/ナトリウム 30mg/カルシウム 45mg]

■アレルギー物質

アレルギー物質(表示義務・推奨品目)

卵、乳

本品は小麦を含む製品と共通の設備で製造しています。

※クラシエフーズ「ねるね研究室」より引用

なるなる

出典:http://www.nerune.jp/product/images/product_photo5_02.jpg

 

3.知育菓子の購入方法

知育菓子の購入方法は大きく分けて、
・スーパーマーケットやコンビニ
・インターネットによる通信販売

という2種類の方法になります。

3-1.スーパーマーケット・コンビニ

全国にあるスーパーマーケットやコンビニのお菓子売り場に、知育菓子は展開されています。

ただし、一部の商品や地域によっては、知育菓子を展開していないところもあるため、ご自身で調べるなどしてから購入されてください。

3-2.通信販売

【3-1スーパーマーケット・コンビニ】でお話した通り、一部の商品や地域によっては知育菓子を展開していないこともあるため、そんな時はインターネットの通信販売で購入されてみてください。

楽天やYahoo!などの、大手ネットショッピングサイトから購入されるか、クラシエなどの販売元メーカーのサイトから知育菓子を直接購入することもできます。

 

ただし価格などは、その購入されるサイトによって違う可能性もあるため、いろいろとご確認されてから購入されてください。

 

まとめ

ここまで知育菓子についてお話してきましたが、みなさんの知育菓子に対する疑問や心配事は少しでも解決されましたか?

子供に対する知育菓子の効果は、思っていた以上に高いんだなと感じていただけたのではないでしょうか。

 

また、知育菓子の商品紹介を見ていて「この商品見たことあるー!」と目に止まった商品もあったと思います。

 

実は、意外に昔から知育菓子は、知育菓子だと認識されていなかっただけで、みなさんが身近なところで目にしたことがあるものばかりなのです。

こんな身近にあるもので、楽しく子供の知育ができるチャンスを逃す手はないと思いますよ!

 

少しでも知育菓子に興味を持たれた方がいましたら、スーパーや通販で購入して、親子で一緒に楽しく作ってみてくださいね。

 

【関連記事】

 

関連記事