クワガタ育て方、基本|幼虫・成虫と長く一緒に過ごすには!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
「クワガタ 育て方」アイキャッチ画像

カブトムシと並んで、人気のある昆虫といえばクワガタクワガタといえばハサミがカッコよく「飼いたいなあ」と思っている方も多いはず!

そこでこのページでは、クワガタ育て方をご紹介。クワガタ初心者さんの不安を一気に解決できるよう、なるべく詳しくお話しします♪ クワガタを大事に育てて、できるだけ長く一緒に過ごしましょう。

―注意―

この記事では、日本に生息するオオクワガタ・コクワガタ・ヒラタクワガタ・ノコギリクワガタ育て方をご紹介しています。その他の種類は、飼育方法が異なる可能性があるのでご注意ください。

 

【関連記事】

 

 

1. クワガタの成虫を育てる

産卵までさせることができる、クワガタの成虫・育て方をご説明します。ぜひ参考にしてくださいね。

1-1. クワガタの成虫を飼育する際に、必要なもの

クワガタの成虫を育てる際は、以下のものが必要。成虫を手に入れる前に、必要なものを揃えるのが理想的です。

1-1-1. 飼育ケース

産卵木・転倒防止材・エサ台はかなりスペースをとります。それらが、きちんと入るサイズの飼育ケースを用意しましょう。

また、発酵マット(ケースに敷く土のようなもの)を深めに詰めるので、高さも十分にあるものがおすすめです。

1-1-2. 発酵マット

産卵木に卵を産みつけるオオクワガタ・コクワガタは、クヌギやコナラの木を砕いた、おが屑のようなマットでOK。産卵木とマット両方に卵を産むヒラタクワガタ・ノコギリクワガタは、高栄養マットを使用しましょう。

また、湿り気が足りないマットは、加水をしてから飼育ケースに入れます。マットをバケツやたらいに出し、水を入れましょう。マットを手で握り、水は滴らないが、手の後がつくくらいまで湿らせます。

さらに、購入するマットによってはガス抜きをしなければなりません。ガス抜きの方法については「カブトムシの育て方|初心者必見! 成虫・幼虫、飼い方の基本!」でもご紹介していますので、そちらをご覧ください。

1-1-3. エサ

クワガタのエサは、昆虫用ゼリーが一番いいです。スイカやメロンは水分が多すぎるのでNG。もし、ゼリー以外にも何かあげたい場合はリンゴやバナナにしましょう。

1-1-4. エサ台

マットを汚さないためにも、エサ台の利用をおすすめします。

1-1-5. 霧吹き

霧吹きを使って、マットの水分を補給しましょう。

1-1-6. 産卵木

2本ほど産卵木を入れましょう。産卵木は下準備が必要です。以下の手順に沿って、やってみてくださいね。

―産卵木の下準備―

(1)産卵木は1日水に浸けます。浮いてきてしまい、全体が浸からない場合は重石を置きましょう。

(2)産卵木を水から取り出し、日陰で半日間干します。

(3)ステーキナイフ・金属製のヘラ・マイナスドライバーなどを使い、産卵木の皮を削ぎます。手に怪我を負わないよう気をつけてくださいね。

(小さなお子さんには、やらせない方がいいかも…。親御さんがやってあげましょう)

1-1-7. 転倒防止材・樹皮・広葉樹の葉

クワガタがひっくり返ってしまわないように、転倒防止材・樹皮・広葉樹の葉をマットの上に置きましょう。

1-1-8. 虫よけシート

コバエの侵入を防ぐだけでなく、ケース内の乾燥やニオイも防げるタイプがいいでしょう。市販のものだと、マルカンの「虫よけシート1番」がおすすめです。Amazonでも販売しています。

1-2. クワガタの成虫、お世話

具体的なお世話の方法を見ていきましょう。気温が高い時期と、低い時期でお世話の方法が違うので、分けてお話ししていきますね。

1-2-1. 気温が高い時期

クワガタが活発に動くあたたかい季節は、以下のように飼育するといいです。上手くいけば、クワガタが産卵をします。

―あたたかい季節の飼育方法-

(1)飼育ケースの下部5cmは、ギュッギュッと固めにマットを詰めます。

kuwagatamat1

(2)産卵木を横向きに入れます。

kuwagatamat3

(3)産卵木が少し見える程度まで、マットを詰めます。このときは、固めに詰める必要はありません。

kuwagatamat2

(4)転倒防止材・樹皮・広葉樹の葉・エサ・エサ台・虫よけシートをセットしましょう。

(5)飼育ケースにクワガタのオスとメスを入れます。

(オスはとくに喧嘩っ早いようです。オスがメスを傷つけることもあるので、よく観察し、相性が悪そうであれば別ケースに分けて飼育してください

(6)飼育ケースは直射日光が当たらない、ひんやりとした場所に置きましょう。25度くらいがベストです。

(7)衛生面を考え、ゼリーは毎日換えることをおすすめします。

(8)マットの表面が乾いたら、霧吹きで湿らせましょう。

1-2-2. 気温が低い時期

オオクワガタ・コクワガタ・ヒラタクワガタは越冬をし、翌年も活動することが可能。

越冬せずに活発に動いていると、クワガタの体力はどんどん消耗してしまいます。そうなると、長生きができなくなってしまうため、気温が15度を下回るようになったら、越冬の準備をしましょう。

―越冬させるための飼育方法―

(1)飼育ケース7分目まで、湿らせたマットを、手で軽く押さえながら敷きます。

(2)転倒防止材・樹皮・広葉樹の葉・昆虫ゼリー・虫よけシートをセット。昆虫ゼリーを入れる理由は、成虫が土から出てきて、エサを食べることがあるからです。

(3)越冬させるクワガタをケースに入れます。

(4)冬は暖房が入っていない室内で、常温管理(5度~10度)をしてください。

暖房の効いた温かい部屋だと、クワガタが越冬体勢に入ることができません

(5)ゼリーは週1回くらいで、新しいものと交換するようにしましょう。

(6)マットの表面が乾いてきたら、霧吹きで湿らせます。

 

2. クワガタの幼虫を育てる

次に、クワガタの幼虫・飼育方法をご紹介していきます。

2-1. 親(成虫)がいるケースから、いつ幼虫を取り出せばいいの?

成虫がいる飼育ケースの産卵木・マットに、わずか数ミリの白い幼虫が! その場合は、すぐに幼虫を取り出すのではなく、しばらくそのままにしておきましょう。

1ヶ月くらいたってから取り出し、幼虫用の飼育環境に移します。幼虫は菌糸ビンで育てるのがおすすめです。菌糸ビンとは、細かく砕いた木と、キノコの菌が入ったビン。菌糸ビンで育てると、大きく立派な成虫に育つ可能性が高いです。

2-2. クワガタの幼虫を飼育する際に、必要なもの

クワガタの幼虫を育てる際に、必要なものは以下の通りです。

2-2-1. 菌糸ビン

始めのうちは800ccの菌糸ビンでOK。クワガタの幼虫は、菌糸ビンの白い部分をよく食べます。

2-2-2. スプーン

クワガタの幼虫を、素手で触るのはNG。幼虫が火傷をしてしまいます。幼虫を移動させるときは、スプーンを使用しましょう。

2-3. クワガタの幼虫、お世話

クワガタの幼虫は、同じビンで複数飼育すると、殺し合う可能性があります。そのため、個別飼育をするようにしてください。また、クワガタの幼虫は1年で成虫になるとは限りません。成虫が卵を産んだ時期や、幼虫の飼育環境によって異なります。

―幼虫の飼育方法―

(1)用意した菌糸ビンに、幼虫が入るサイズの穴をあけます。

(2)幼虫を入れ、上から菌糸ビンの木くずをそっとかぶせます。

(3)23度くらいの場所に菌糸ビンを置きます。

(4)幼虫が菌糸ビンの白い部分を、7割~8割食べたら、新しい菌糸ビンと交換します。幼虫の成長に合わせ、1個目の菌糸ビンよりも大きいものと交換しましょう。

(5)幼虫がサナギになったら、絶対にビンを動かさないようにしてください。サナギの部屋(蛹室)が壊れると、上手に羽化できなくなります。

(6)サナギが成虫になったら、一旦そのまま放置しましょう。成虫は蛹室で、体の機能を整えています。(この期間はエサを食べません)

クワガタの成虫が蛹室から出てきたら、成虫用の飼育ケースに移しましょう。エサを食べて本格的な活動を始めます。

 

3. クワガタの飼育Q&A

クワガタ飼育に関する疑問にお答えしていきます!

3-1. 各クワガタの特徴や寿命を知りたい

オオクワガタ・コクワガタ・ヒラタクワガタ・ノコギリクワガタの特徴は以下の通りです。

 

3-1-1. オオクワガタ

オオクワガタの成虫は、2年~3年ほど生きます。(中には5年以上生きる個体もいるんだとか!)

 

―オオクワガタ・オス―

体長は3cm~8㎝。黒色。

太くて強そうなアゴの持ち主で、羽には縦線がうっすらと入っています。

 

―オオクワガタ・メス―

体長は2.5cm~5cm。黒色。

胸部がツヤツヤとしており、羽に点が連なったような縦線があります。

ookuwagata-photoac

3-1-2. コクワガタ

クワガタの成虫は、1年~3年生きます。名前の通り、他のクワガタと比べると小さめ。

 

―コクワガタ・オス―

体長は2cm~5.5cm。黒色。

アゴが細く、羽部分がザラザラとしています。

kokuwagataosu-photoac

―コクワガタ・メス―

体長は2cm~3cm。黒色。

胸部にツヤがあり、羽部分はオスと同じようにザラザラ。

kokuwagatamesu-photoac

3-1-3. ヒラタクワガタ

ヒラタクワガタの成虫は、1年~3年生きます。平たい体が特徴です。

 

―ヒラタクワガタ・オス―

体長は2.5cm~8cm。黒色。

羽がツヤツヤとしており、アゴの先端に細かいギザギザがあります。

hiratakuwagataosu-photoac

―ヒラタクワガタ・メス―

体長は2.5cm~4cm。黒色。

全身がツヤツヤとしており、前脚ががっしりとしています。

hiratakuwagatamesu-photoac

3-1-4. ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタは基本的に越冬をしません。

そのため、寿命が短く、成虫になってからは1年ちょっとしか生きません。

 

―ノコギリクワガタ・オス―

体長は3cm~7.5cm。茶色い個体が多い。

大きな個体だと、アゴが内側に向かって大きくカーブしています。

小さな個体だと、カーブが浅く、どちらかというと真っすぐに近くなります。

nokogirikuwagata-photoa

―ノコギリクワガタ・メス―

体長は2.5cm~4cm。メスも茶色い個体が多いです。

クワガタのメスより丸みがあり、卵のような形をしています。

3-2. クワガタの飼育ケースに、コバエが発生してしまいました…

コバエを発生させないためにも、クワガタの飼育ケースには、予め虫よけシートをセットしておくのが理想。もし、シートをセットしておらず、コバエを発生させてしまった場合は、ケースの近くにハエ取り棒を置きましょう。それでもコバエの量が減らない場合は、マットを交換してください。

3-3. クワガタの成虫に白い小さな虫が…

クワガタの成虫についた、小さな白い虫は恐らくダニです。歯ブラシを使い、優しくダニを取り除きましょう。

3-4. クワガタの成虫がエサを食べません

クワガタがエサを食べないのは、以下3つの理由が考えられます。

3-4-1. サナギから成虫になったばかり

サナギから成虫になりたての頃は、エサを食べません。しばらく様子を見ましょう。

3-4-2. そろそろ越冬体勢へ

気温が低くなると、オオクワガタ・コクワガタ・ヒラタクワガタは食欲があまりなくなります。越冬の準備を始めましょう。

3-4-3. エサが嫌い

エサが合わないのかもしれません。思い切って、新しい種類にチェンジ!

3-5. 幼虫を飼育している菌糸ビンからキノコが出てきた

キノコに菌糸ビン内の栄養分を吸い取られてしまいます。すぐに取り除きましょう。

3-6. サナギの蛹室を壊してしまった/ ビンの底で蛹室を作ってしまった

壊れた蛹室や、ビンの底では、羽化不全を起こしてしまう可能性が大。人工蛹室へとサナギを移しましょう。

人工蛹室は、園芸店で入手できる「オアシス」という吸収性が優れたスポンジを使い、手作りすることができます。

―人工蛹室の作り方-

(1)楕円形をイメージしながら、若干斜め下に向かってオアシスを掘ります。スプーンを使って掘るのがおすすめです。

斜め下に向かって掘る

楕円形の大きさは、サナギの体長2倍、横幅1.5倍を意識してください。

楕円形のサイズ

(2)オアシスに水を含ませ、掘った箇所を指でなめらかに整えます。

(3)オアシスを飼育ケースに入れ、そっとサナギを入れます。傾斜の高い部分に頭、低い部分におしりがくるようにします。

サナギのおしり部分が、グルグルと動くかもしれません。移動中に、驚いて落とさないようにしてくださいね!)

(4)乾燥を防止するため、虫よけシートを飼育ケースにセットします。

飼育途中でオアシスが渇いてきたら、ケースの底に水を入れましょう。サナギに水がかからないよう、細心の注意を払ってください。

 

4. クワガタを捕まえに行こう!

思い切って、クワガタを捕獲しに行くのも楽しいですよ♪ きっと良い思い出になるはずです。

捕獲の方法については、カブトムシの場合と一緒。「カブトムシの育て方|初心者必見! 成虫・幼虫、飼い方の基本!の記事で詳しく説明しているので、「クワガタを捕まえに行きたい!」という人はぜひ読んでみてくださいね。

 

5. まとめ

人間と比べるとずいぶん小さいクワガタ。そんなクワガタにも、もちろん命があります。

クワガタを飼育していると、途中で「大変だなあ」と思うことがあるかもしれませんが、決して投げ出さず、最後までしっかりと面倒を見てあげてください。責任を持って育てることが、何よりも大切です。愛情を込めて育てると、クワガタがますます可愛く見えてきますよ♪

 

【関連記事】

 


【参考書籍】

・安藤 “アン”誠起『カブトムシとクワガタ飼いかた&図鑑―カブ&クワのオールカラー図鑑』実業之日本社、2008

・安藤 “アン”誠起『カブトムシ&クワガタ百科―生態、特徴、採集から飼い方まで (子供の科学★サイエンスブックス)』誠文堂新光社、2012

おすすめ記事