ブルーライト影響|目や身体にどんな危険性があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ブルーライト 影響 アイキャッチ

今や人間が生きる上で、欠かせないものになっているスマートフォン。

睡眠よりも食事よりも、スマートフォンを優先してしまうような人も多く、人間への影響はなんだか中毒性すら感じさせます。

 

確かにいろんな情報を瞬時に得られますし、楽しいツールがたくさんあってとても便利なものです。

 

しかし、当然ながら楽しみが多い分それと隣り合わせで、体への悪影響な部分も存在します。

(スマートフォンだけでなくテレビなどにも同じことが言えます)

 

では、実際にスマートフォンやテレビなどの何がそんなに悪影響なのでしょうか?

その原因となるのが、これらのデジタル機器から発せられブルーライトになります。

 

このブルーライトについて……

あなたもよく耳にする単語でしょう。

ただしほとんどの人がブルーライトに対して「漠然と目にあまりよくない光なのだろう」ぐらいの感じではないかと思います。

 

そんなブルーライトについて、どういう影響を体に及ぼすのか、そもそもブルーライトってどういうものなのか、引き起ってしまう症状や対策などをこれからお話していきます。

 

【関連記事】

 

 

1.ブルーライトとは?

ブルーライト

ブルーライト(青色光)とは、パソコンやスマートフォンの液晶画面に多く利用されて

いる発光ダイオード(Light-emitting diode、通称LED)に多く含まれるとされている可視光の一種です。ブルーライトは波長が短く目の角膜や水晶体で吸収されないため網膜に達しやすく、視細胞に影響を与えることが知られています。そのため、眼精疲労や急性網膜障害のほか、加齢黄斑変性症などの眼病の原因としても知られています。

※引用元:岐阜薬科大学薬効解析学研究室 英彰教授

 

ブルーライトは、上記のような定義がされています。

では、ブルーライトについてさらに詳しく見ていきましょう。

1-1.ブルーライトは目に見える光の中で【強いエネルギーを持つ青い光】

そもそも光の中には、人の目で見ることができる「可視光線」というものがあり、その中でも光の波長が短くて強いエネルギーを持った光が、ブルーライトになります。

 

※可視光線……

電磁波の中で、人の目で見える波長である光のこと

光の強さ数値

出典:http://blue-light.biz/about_bluelight/

1-2.ブルーライトは紫外線に一番近い光

可視光線(人の目で見ることのできる光)の波長は、400800nm(ナノメートル)と言われており、光は波長が短いほどエネルギーが強くなり、身体に影響を及ぼす可能性があります。

 

400nm未満の光……紫外線

380500nmの光……ブルーライト

700nm以上の光……赤外線

 

可視光線の波長は、人間の目の角膜や水晶体を透き通らせて網膜まで到達することができ、その到達できる波長の数値が350nm800nmと言われています。

 

数値的に言うと紫外線も含まれてしまいますが、紫外線は可視光線には含まれず光の波長が網膜まで届くわけではないため(絶対とは言えない)、網膜まで到達することができ、強力なエネルギーを持つ紫外線に最も近い光がブルーライトということです。

 

☑Checkポイント
【網膜が傷つくと・・・】
網膜というのは、カメラでいうところのフィルムの役割です。
目で見たものを脳に伝える器官で、ここが傷ついてしまうと目で見たものを認識できなくなり、最悪の場合失明してしまうこともあります。

それだけ網膜に直接刺激を与えることは駄目ということです。
例えば、裸眼で太陽を直視してはいけないと言われますが、これは太陽からの紫外線やブルーライトの強力な刺激が、直接網膜まで到達してしまうためです!

 

1-3.日常生活の中で一番ブルーライト影響が強いのはスマートフォン

まずは、下記の図をご覧ください。

機器別の光度

出典:http://blue-light.biz/about_bluelight/

 

図を見てわかる通り、ブルーライトの波長の範囲内で(380~500nm)で強いエネルギーを出して、一番網膜に影響を与えてしまう機器はスマートフォンです。

 

そこからゲーム機→PC→液晶テレビ→ブラウン管テレビとなります。

 

今の世の中では必須アイテムであるスマートフォンやPC機器、お子さんたちが大好きなゲーム機など、あなたの身近なところには、身体へ影響するブルーライトの脅威が潜んでいると覚えておいてください。

 

2.ブルーライトが体に及ぼす影響とは?

ブルーライトの体に及ぼす影響について、いろんな方たちが研究をして結果が出ていますが、実際のところ……【直接的な結びつきを断言できる医学的根拠が示せていない】のが現状と言われています。

 

しかしながら、このブルーライトの浴びすぎが影響し、目や体への疾患のリスクを高めることは間違いありません。

 

主な影響としては……

・目への影響(疲れや痛みを伴うなど)

・体内時計が狂うことによる睡眠障害
(メラトニンの分泌が不全になりやすい)

 

大きく分けてこの2つの影響となるでしょう。

2-1.ブルーライト影響【目への刺激】

ブルーライトが体に及ぼす影響が一番大きいのはやはり目でしょう。

 

強いエネルギーを持つ光であるブルーライトを長時間見続けることで、目の中の網膜やその網膜の中心に位置する黄斑に刺激を与え傷付けてしまいます。

 

また、目への影響として……

・眼精疲労

・ドライアイ

・視力の低下

 

などの症状を引き起こす可能性があります。

2-1-1.眼精疲労

ブルーライトは光の波長が短いため、空気中に散乱しやすい性質を持っています。

 

これがスマートフォンやパソコンを見ている時の眩しさやチラつきなどの原因になり、それを目でしっかり捉えようとピント合わせるため疲労が蓄積されます。

 

また、ブルーライトは可視光線の中で最もエネルギーが強いため、目の中の瞳孔を縮める行動も多くなり、それだけ目の筋肉も酷使されるため、目の疲れや肩・首の凝りなどに影響してします。

2-1-2.ドライアイ

スマートフォンやパソコンなどを見続けて起こりやすいのは「ドライアイ」です。

 

ブルーライト影響により眼精疲労になるだけでなく、一生懸命ピントを合わせようとするため、まばたきの回数が減ることで目が乾きます。

 

人間は1分間に平均14回のまばたきを無意識におこないますが、「スマートフォンやパソコンなどに熱中していると、1分間に5回程度までまばたきは減ってしまう」とされ、目の乾きに影響します。

 

☑Checkポイント
【ドライアイに対するケア方法】
2007年に花王のヒューマンヘルスケア研究センターと共同でおこなった研究では、眼精疲労やドライアイの症状がある人に対し、「40度の蒸しタオルで10分間」温める研究をおこなったところ、ピント調節力やドライアイが改善したとされています。

出典:https://japan.cnet.com/article/20355570/

 

2-1-3.視力の低下

第2章の冒頭でもお話した通り、ブルーライトが直接的に視力を悪くしてしまうということはありません。

 

しかし、ブルーライトの光が網膜に刺激を与えてしまうことにより、視界のピントが合わなかったり目がかすんだりするなど、正常に目の前のものを見ることができなくなってしまうことは確かです。

 

見えづらくなることと視力が低下してしまうことは、少しニュアンスが異なりますが、ブルーライトによって正常な目の活動に影響を与えるという点では、イコールと言ってもいいでしょう。

2-2.ブルーライト影響【体内時計が狂うことによる睡眠障害】

次にブルーライトによる影響は、体内時計が狂うことによる睡眠障害です。

 

人間は太陽が出ている時間に、太陽の光を浴びて活動をおこなうものです。

そんな太陽からもブルーライトは放出されており、そのブルーライトの光を夜にスマートフォンや部屋の照明によって感じてしまうと、体が(脳が)「今は活動する時間だ!」と錯覚してしまいます。

 

そのブルーライト影響で体内時計が乱れてしまい、寝る時間も遅くなり睡眠不足に陥りやすく、そのまま睡眠障害などの症状に悩まされてしまうでしょう。

 

ブルーライトによって睡眠障害を引き起こしてしまう原因は……

・就寝前にスマホチェックをしてしまう(パソコンなども含む)

・夜遅くまでテレビを見る

・明るい部屋で長時間過ごしている

2-3.ブルーライト影響【メラトニンの分泌が不全になりやすい】

睡眠障害のところと似た内容ですが、就寝時間が近付いてくると人の体内ではメラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌され、自然な眠りにつくことができます。

 

ブルーライト影響によって体内時計が狂ってしまうと、時間軸が乱れてしまい自然なメラトニン分泌がおこなわれなくなるため、睡眠障害などで正常な睡眠が取れなくなってしまいます。

 

3.ブルーライト影響によって引き起りやすくなる病気

紫外線の次に強いエネルギーを放つブルーライトですから浴び過ぎてしまうと病気になる恐れもあり、そのまま重症化してしまうこともあります。

3-1.加齢黄斑変性への発症が高まる

※加齢黄斑変性とは
年齢を重ねるとともに、網膜色素上皮の下に老廃物が蓄積していきます。

それによって、直接あるいは間接的に黄斑部が障害を受ける病気が、加齢黄斑変性となります。

 

ブルーライトの光が網膜の中心にある【黄斑】に刺激が当たり続けてしまうと、発症が早まり重症化も進みます。

 

もし、そのまま重症化してしまうと、失明になる恐れもある危険な病気なのです。

3-2.加齢黄斑変性の症状が出ると・・・

*変視症(左の写真)

見ている景色の中心が歪んで見えてしまう

 

*中心暗転(右の写真)

さらに症状が重症化すると歪みだけではなく、視点の中心が黒くなり(暗転)中心部分がほとんど見えなくなってしまう

 

加齢黄斑変性

出典:http://www.ida-ganka.com/topics/index.html

 

4.ブルーライト影響を軽減するための対策

あなたの周りにはどうしてもブルーライト影響が溢れているため、なかなか防ぐことは難しいですが、少しでも軽減してあげる対策を取るようにしましょう。

4-1.ブルーライトへの対策【生活習慣の中で軽減する】

普段の生活の中で、ブルーライトとの関わり方を変えていって、身体への影響を少しずつ軽減させる対策を取りましょう。

 

・習慣的起床時刻から14 時間後以降は照明設定に配慮する

メラトニン分泌開始の目安は、普段の起床する時刻が朝7 時であれば、21時以降に照明を暗くし始める設定が必要となります。

 

・必要以上に明るくしない

一般的な屋内照明の範囲では、明るければ明るいほどメラトニン分泌が抑制される可能性は高くなります。不必要に明るくすることは避けましょう。

 

・相関色温度の低い照明を使用する

電球色など、低色温度の照明には青色光(ブルーライト)が相対的に少ないため、メラトニン分泌抑制のリスクを低減できます。

 

・スタンド照明(局部照明)を活用する

就寝前の読書時など、視覚情報を適切に得るために十分な明るさを確保しておくのも、快適な生活には欠かせません。そのような場合には、スタンド照明などの局部照明を活用しましょう。

4-2.ブルーライトへの対策【アイテムを使用し軽減する】

身体に影響するブルーライトの光を少しでもカットするために、いろんなアイテムを駆使して軽減対策を取っていきましょう。

 

ブルーライトカットのメガネ

ジンズPCなどブルーライトをカットするメガネは、様々なメガネ店から発売されています。

パソコンなどを使用する時にこのメガネをかけておけば、眼精疲労や目への直接的な刺激を軽減してくれます。

 

メガネ

出典:http://matome.naver.jp/odai/2135691670153667101

 

・スマートフォンやパソコンの画面に貼るブルーライトカットフィルム

メガネをかけるのが面倒という人は、ブルーライトカットに有効なスマートフォンやパソコンの画面に貼って使用する保護フィルムをおすすめします。

フィルム

出典:http://bizmakoto.jp/style/articles/1205/23/news064.html

 

5.<まとめ>

主にブルーライトの光を発する機器であるスマートフォンやパソコンはとても便利で楽しいですし、今の世の中に欠かせないアイテムの1つと言えるでしょう。

 

そもそもブルーライトは太陽からも発せられていますし、お部屋の中の照明からも発せられているものです。

そのため我々がブルーライト影響から逃げることは不可能に近いです。

 

ただし、あくまでもブルーライトの光を浴びてはいけないというわけではなく、浴び過ぎてしまったり刺激を与え過ぎてしまったりするのがいけないだけです。

 

これからは、ブルーライトの光を発する様々な機器と上手く付き合っていきながら、やり過ぎることの無いように便利さと共に過ごしていきましょう。

 

【関連記事】

 


【参考書籍】

・坪田一男『ブルーライト 体内時計への脅威』集英社、2013

関連記事