赤ちゃんアトピーかも?と思ったらすぐに始めるべき対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
赤ちゃんアトピーtop

あなたの赤ちゃんの肌にトラブルがあって「アトピーかも?」と思っているならば、
大事なのは「清潔」「保湿だということを覚えておいてください。

 

赤ちゃんの肌に赤みがあってかゆそうというだけでは、アトピー性皮膚炎だと断定できません。
というのも、赤ちゃんは肌が弱くトラブルを起こしやすいため、以下のようなアトピー性皮膚炎と似たような症状が出ることがあるからです。

・乳児湿疹
・脂漏性湿疹
・接触性皮膚炎
・汗疹(あせも)
・じんましん
・水いぼ
・とびひ
・疥癬(かいせん)
など

また、実際にアトピー性皮膚炎だったとしても、病院でそう診断されるには時間がかかる場合があります。
それは、アトピー性皮膚炎の定義の中に“憎悪、寛解(悪くなったり、よくなったり)を繰り返す”かゆみのある湿疹とあり、症状の経過を見ないと判断できないからです。

 

そこで先ほどの「清潔」「保湿」を思い出してください。
病院に行ったものの、疑わしいけれどはっきりと診断されなかった場合でも、この2つを心がければ今起きている症状がよくなる可能性があります。

 

今回はアトピー性皮膚炎についての知識と、すぐできる赤ちゃんの肌を改善する方法をご紹介していきます。

しかしながら、肌の状態は赤ちゃんによって異なり、赤ちゃんごとに合った改善方法を見つけることが大事です。

合うか合わないかを判断するためにも、日々の赤ちゃんの肌の様子を写真に撮ったり記録に残しておきましょう。
医療的な治療を始めた後も、その治療方法が赤ちゃんに合っているかを客観的に判断できる材料になります。

 

【関連記事】

 

 

1.赤ちゃんアトピー性皮膚炎の症状

赤ちゃんは肌が弱いのでさまざまな肌トラブルがありますが、その多くは環境に慣れるために起こることで、ほとんどの症状は1歳くらいまでに治ります。

その中で、悪くなったりよくなったりを繰り返すかゆみの強い慢性的な湿疹が起きた時にアトピー性皮膚炎と診断されることがあります。
「慢性的」とは、赤ちゃんの場合は一般的に「2ヶ月以上」を指します。

 

赤ちゃんの湿疹でアトピー性皮膚炎とよく間違われるのが「乳児湿疹」です。
乳児湿疹は生後3ヶ月頃までにおでこや頬に出やすい湿疹のことで、赤ちゃんの初めての肌トラブルになることが多く、あわてて「アトピーかも?」と思われがちです。

しかし、乳児湿疹の場合も「清潔」と「保湿」をしっかりしておけば、大体1ヶ月ほどでよくなることがほとんどです。

では、アトピー性皮膚炎はどのような症状なのか、特徴をご紹介します。

1-1.湿疹が出やすい場所

赤ちゃんアトピー性皮膚炎は、以下のように頭や顔、首まわりに湿疹が出ることが多いです。

出やすい場所

・頭
・目のまわり
・頬
・口のまわり
・耳のつけね
・首

全体的に肌が乾燥していて、左右対称なのが特徴です。

また、悪化すると手足や体にも湿疹が出ます。

1-2.放っておくと怖い重症化

病院ではっきり診断されなかったからといって、何もしないでおくと重症化する可能性があります。重症化とは、かゆみがひどくなり、かきむしって湿疹から黄色い汁(浸出液)が出るようになってしまうことで、全身がこのような状態になると脱水症状を引き起こすことがあります。

さらに、かゆみによって眠れないようなことが続くと、赤ちゃんの成長に問題が起こることもあり得ます
そんな赤ちゃんの症状をみるあなたや他の家族も眠れなくなったり、ストレスを抱えてしまいます。

 

赤ちゃんのうちに重症化してしまうと治りにくくなり、大人になってからも肌トラブルに悩まされてしまうかもしれません。

そうならないためにも、赤ちゃんのうちに症状を少しでも軽くしてあげるように対処することが大事です。

 

2.医学的な治療のポイント

アトピー性皮膚炎を疑ったら病院の受診を検討すると思いますが、その際に何科を受診すればいいのでしょうか。

小児科に行けばいいのか、皮膚科に行けばいいのか、初めての皮膚トラブルの際にはとても迷うかもしれません。

医者病院

2-1.専門医を探そう

ポイントは、診療科はどこでもいいので専門医のいる病院に行くことです。

実は、医師免許を持つ人はすべての領域の基礎知識を学ぶので、病院の看板に何の診療科を書いてもいいのです。(歯科、麻酔科など特殊な資格が必要な科を除く)

もちろん、ほとんどの医師は自分がしっかりと診られる診療科しか書かないですが、医師も人間ですから得意な分野はあります。
看板に複数の診療科が書いてあるような医院は、一番最初に書いてある分野が最も得意であることが多いので、受診する時は少し気をつけてみてください。

 

アトピー性皮膚炎を診てもらうには「アレルギー科」の医師に診てもらうのがいいでしょう。
小児科はアレルゲンの除去の治療を主に、皮膚科は肌に出ている症状に対処する治療を主にします。アレルギー科では、そのどちらも含めたいろいろな角度から治療をします

しかし、アレルギー科は数が少ないのが現状です。
全国で178,212ある医療施設の中で、アレルギー科があるのはたった447施設です。
(平成27年10月1日現在 厚生労働省HPより)

 

もし近くにアレルギー科がなかったとしても、ただ看板に「アレルギー科」がないだけで専門知識を持った医師がいる場合があります

「日本アレルギー学会」のHPでは、学会の審査をクリアしてアレルギーの専門医と認められた医師(平成28年10月6日現在 3377人)が勤務している病院を調べられるようになっています。

 

<日本アレルギー学会のHP>
http://www.jsaweb.jp/

また、近くの病院に専門の医師がいるかを電話で確認してみてもいいでしょう。
看板に惑わされず、専門知識のある医師との出会いが医学的な治療の一歩になります。

2-2.薬の正しい知識を身につけよう

アトピー性皮膚炎の治療でなくてはならないものは、薬についての知識です。

赤ちゃんに処方される薬は主に外用薬(塗り薬)で、かゆみの強いところに塗るステロイド外用薬と肌の乾燥を防ぐ保湿剤が多いです。
特にステロイド外用剤の使用についてはさまざまな意見があり、信頼できる医師の指導のもとで行ってください。

塗り薬

 

2-2-1.ステロイド外用薬の正しい知識

あなたは「ステロイドは怖い薬」というネガティブなイメージを持っているかもしれません。
過去には、ステロイドという薬は依存性が高く、一度使うとずっと使い続けなければいけない薬で、さらに副作用が出る可能性があるので使わない方がいいという極端な報道が多くありました。

しかし、知識のある医師の指導のもとできちんと使えば、アトピー性皮膚炎の治療に非常に有効だと考えられています
薬は使い方を間違うと害になりますが、それはステロイドに限ったことではないということです。

ステロイドには外用薬(塗り薬)と内服薬(飲み薬)があり、内服薬はまれに副作用が出ることがありますが、赤ちゃんや子供への治療ではまず処方されません。

また、ステロイド外用薬には強さがⅠ群(Strongest)からⅤ群(Weak)まで5段階あり、皮膚の薄い赤ちゃんに処方される場合は最も弱いⅤ群からその1つ上のⅣ群(Mild)がほとんどです。

手足などにひどい湿疹がある場合のみⅢ群(Strong)が処方されるかもしれません。
外用薬も大量に長期間塗り続けると副作用が起こる可能性はあるので、正しい用量と用法を守りましょう

ステロイド外用薬は、

・湿疹が出ている時にはたっぷりと塗る。
・症状に合わせて薬の強さを変えたり、保湿剤を混ぜて使う。
・薬の強さと量をだんだん減らしていく。

という使い方が推奨されています。

 

塗布量

塗る量や期間は医師の指示に従い、自分の判断でやめないようにしてください
ステロイド外用薬を使うと、すぐに湿疹がおさまって肌がつるつるになることがあります。

この時に自分の判断でステロイド外用薬の使用をやめてしまうと、また湿疹がぶり返して以前より悪化したような状態に見える、いわゆる「リバウンド」という状態になってしまうことがあります。

また、ステロイド外用薬を長期間使うとコントロールが難しくなってしまい、大きくなってからステロイド外用薬の強さや量を減らしたくても症状の悪化に苦しむという可能性があります。

どうしてもステロイド外用薬の使用に抵抗を感じる場合は、他の薬もあるので医師と相談して、あなたの納得できる方法から治療を始めましょう

2-2-2.保湿剤の正しい知識

アトピー性皮膚炎の湿疹が出ている部分以外の肌には、保湿剤を塗ります。
湿疹が出ているところ以外でも、乾燥しているとバリア機能が失われてトラブルを起こす可能性があるからです。

保湿剤もサラッとした使い心地のローションタイプのものや、ベタベタするワセリンタイプのものなどいろいろあり、肌の状態によって異なりますが、基本的には以下のように使い分けます。

 

<季節>
夏・・・つけ心地の軽いローションタイプやクリームタイプのものを使う
冬・・・保湿力の高いワセリンタイプのものを使う

 

<時間帯>
夜・・・しっかりと保湿したいのでワセリンタイプを
    お風呂から上がって5分もすると肌の乾燥が始まるので、3分以内に塗るのが望ましい
朝や昼・・・ローションタイプやクリームタイプのものを使う

 

<成分についての注意点>
・尿素が配合されている保湿剤は、傷になっているところにはしみるので使わないようにする
・添加物や香料など、肌の負担になるようなものが入っているものは避ける

 

医師からの指示がある場合にはそれに従い、保湿剤だけで肌の調子をコントロールできるようにするのが治療の目標です。

2-2-3.その他の薬の正しい知識

ステロイド剤や保湿剤の他にも治療に使われる薬はあります。

どの薬を処方されても、あなたがその薬について正しい知識を持って使うことが大事です。

効果や使い方など、調べてもよくわからないことがあれば納得できるまで医師に相談しましょう。

 

【タクロリムス外用薬(プロトピック軟膏)】
特に顔の湿疹に効果があり、ステロイド外用薬と同じように炎症をおさえる。
ステロイド外用薬を減らす際に使うことが多い。
ただし、比較的新しい薬で臨床データが少ないため、2歳以下の赤ちゃんや妊婦、授乳中の女性には使えない。

 

【抗ヒスタミン剤】
強いかゆみをおさえる飲み薬。
アトピー性皮膚炎の場合、原因が複数ある場合は、効果が出ないことがある。
かいてしまうことによる肌のダメージを減らすことが目的なので、直接的な治療薬ではない。

 

【非ステロイド系外用薬】
ステロイドを使わずに炎症をおさえる塗り薬。
かぶれを起こすことがあるので、長期では使わない。
ステロイドを嫌がる人に処方されるが、保湿剤で改善が期待できる程度の効果なので、専門医の中には処方したがらない医師もいる。

 

【漢方薬】
中国医学に由来する生薬を用いた薬。アトピー性皮膚炎の治療においては、即効性を求めるより補助的に使用する。

 

3.アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎の原因は赤ちゃんによってさまざまで、原因が複数のこともあれば、時期によって変わることもあります。

アトピー性皮膚炎だけに限ったことではありませんが、肌トラブルを持つ子が100人いたら100通りの対処法があります。
いろいろと原因を探りながら、その子に合う“オーダーメイド”の対処法を見つけてあげることが重要です。

 

基本的に、アトピー性皮膚炎を持つ赤ちゃんのほとんどに共通しているのは、以下の2点です。

・肌が乾燥していることによって、外からの刺激に弱くなっている状態の「ドライスキン」である
・血液検査の結果、かゆみなどのアレルギー反応を起こす「IgE抗体」が作られやすい体質である

 

また、以下のようなことも原因や悪化因子(症状を悪化させる原因)として関係していると考えられています。

・ダニ
・カビ
・ほこり
・汗
・花粉
・ペットの毛
・お風呂の水
・ストレスや疲れ
・遺伝
・食べ物

カビダニホコリカフン

 

赤ちゃんの肌がドライスキンの状態だと、ダニやカビなどの原因に対してバリアができていない状態になります。
そうすると、かゆみなどのアレルギー反応を起こすIgE抗体が体の中でたくさんできてしまい、湿疹が長く続いてアトピー性皮膚炎になってしまうことがあるのです。

上記の原因を見ると「清潔」と「保湿」である程度は防げると思いますが、「遺伝」と「食べ物」については気になる人が多いと思うので、詳しくご紹介します。

3-1.遺伝

あなたは「自分がアトピーだから赤ちゃんまでアトピー持ちになってしまった」と思っているかもしれません。

確かに、両親ともにアレルギー病を持っている場合、生まれてくる子供の約40~70%が同じくアレルギーがあり、片方の親だけの場合、約40%が1歳半までになんらかのアレルギーを発症するという報告があります。

しかし、同じ遺伝子を持つ双子で調べたところ、2人とも同じアレルギーを発症する確率は50~60%ほどということです。
つまり、同じ遺伝子を持っていても、必ず同じアレルギー症状(アトピー性皮膚炎を含む)を発症するとはいえないのです。

 

アトピー性皮膚炎やほかのアレルギー症状は、体質や環境によって発症するかしないかも違うということです。
もしあなたが赤ちゃんの湿疹が自分のせいかもしれないと思っていたら、遺伝だけが原因ではないので安心してください。

3-2.食べ物

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎は混同されがちですが、違う病気だと思ってください。

食物アレルギーとアトピー性皮膚炎を一緒に発症していて、食物アレルギーによってアトピー性皮膚炎が悪化することはあります。
それぞれの症状に対してきちんと対処することが大事です。

 

赤ちゃんは消化機能が未発達なので、食事を始めたばかりの頃はアレルギー反応を起こしてしまうことがあります。
アトピー性皮膚炎の症状がある状態では、どの程度のアレルギー反応が出たのか判断しにくいことが多いので、まずは肌をきれいな状態にすることが大事です。

食物アレルギーの検査も含め、気になることは専門の医師に相談することが最善ですが、診断が出るまではアトピー性皮膚炎の改善を目指しましょう。

 

また、最近では料理に使う油がアトピー性皮膚炎を悪化させているといわれています。

まだ離乳食の段階では油を使うことは少ないですが、ある程度食べられるようになってからアトピー性皮膚炎がひどい場合は、油をαリノレン酸系のしそ油、あまに油などに変えてみてください。
αリノレン酸の油は熱に弱くて酸化しやすいので、加熱調理には使わず、できた料理の仕上げにかけて食べるなどの摂取方法がおすすめです。

3-3.その他の原因

赤ちゃんの肌トラブルの原因の多くは、上記に挙げたダニやカビ、汗などが関係しています。

他にも、着ている服の素材だったり、使っている石けんの素材だったり、大人がわからないようなことが原因かもしれません。

清潔と保湿を心がけながら、何が原因か気をつけてみてください。

 

4.家でできる対処法

アトピー性皮膚炎だと診断される前でも、湿疹が気になるようだったら家での環境を整えることで症状の改善が期待できます。

掃除洗濯

 

4-1.清潔な住環境作り

ダニ、カビ、ほこり、花粉などに対して、具体的に下記のように対策をとります。

 

【ソファ】
革製などの表面がツルツルしたものの方が、ダニやほこりがつきにくい。
布製のソファには、カバーをしてこまめに洗濯をする。

【床】
こまめに掃除をする。
カーペットが敷いてある場合は、掃除機をていねいにかけ、洗濯できるならこまめに洗濯をする。

【ふとん、枕】
晴れた日に、こまめに干して乾燥させる。
乾燥させた後は、ふとん用ノズルなどを使って掃除機をかける。
ただし、花粉が原因と考えられる場合は、時期によって外干しを控える。

【ぬいぐるみ】
ダニのすみかになる可能性があるので、丸洗いできるものを選び、こまめに洗濯する。

【カーテン】
ほこりがたまりやすいので、掃除機をかけたり、洗濯をする。

【お風呂場、キッチン、洗濯機】
水まわりはカビが発生しないように掃除して換気をする。

【窓】
カビの原因になるので、結露がたまらないようにする。

【エアコン】
フィルターをこまめに掃除して、カビやほこりを発生させないようにする。

 

室内はこまめに掃除をして、清潔な環境を保つようにしましょう。
冬は乾燥しないようにある程度の湿度が必要ですが、加湿器を使う時はカビが発生しないように注意します。

ペットは毛や分泌物が症状の原因や悪化因子になる可能性があるので、飼わない方が望ましいですが、すでに飼っている場合は掃除をていねいに行うようにします。

4-2.肌をきれいにするお風呂の入り方

症状がひどい場合はお風呂に入れるのをためらうかもしれませんが、肌も清潔にしておかないとアトピー性皮膚炎は改善されません。

お風呂に入ると症状が悪化するという人がいるかもしれませんが、シャワーや湯船の水の塩素を除くようにするとよくなったという報告があるので、工夫をして入るようにしてください。

 

お風呂に入れる時のポイントを以下にまとめました。


・石けんは過剰に香料や添加物などが入っていない、普通の石けんをよく泡立てて使う。
・洗う時はスポンジやタオルを使わずに素手でしっかりと洗う
・泡のすすぎ残りやシャンプーなどの液が体に残らないように、頭→顔→体の順番で洗う。
・関節や手足の指など、しわになっているところは伸ばしてしっかり洗う。
・お風呂の水は塩素除去する。シャワーヘッドを専用のもの(4000円程度~)に変え、湯船には
 薬局などで買えるビタミンCの粉末(2000円程度)を0.5~1.0gほど入れると塩素除去ができる。
・1日に朝と夜の2回の入浴が望ましい。
・お風呂からあがった後は、タオルでゴシゴシこすらず、ポンポンとたたくように拭く
・薬がある場合は、湿疹のあるところに薬を、他の部分には保湿剤を塗る。
 体が乾燥する前に、お風呂から出たらすぐ(なるべく3分以内)に塗るようにする。


肌の汚れをしっかり落として、しっかり保湿をすることが大事です。

 

4-3.日常生活で注意すること

肌への刺激を少なくすることも肌トラブルを改善することにつながります。
具体的には以下のような点です。

・かゆい時にかきむしらないようには短く切る。
・首もとに髪の毛がかからないように短く切る。
タバコの煙に触れないようにさせる。
・紫外線を過剰に浴びせないように、UV対策をする。
洋服の素材は肌に優しいもの(綿など)を選ぶ。

何が赤ちゃんの肌を刺激するかを生活の中で気にしながら、悪化因子を取り除いていきます。

 

まとめ

赤ちゃんアトピー性皮膚炎だとしたら、「この子はずっとアトピーに悩まされるのかもしれない」と落ち込んでしまうかもしれません。

しかし、アトピー性皮膚炎は正しく対処すれば症状をコントロールでき、湿疹を抑えられます。
そして、肌のよい状態が続けば、何の支障もなく日常生活を送ることができます。

症状がよくなったり悪くなったりすることもありますが、ひどい時は医師と相談しながら、赤ちゃんの肌がきれいになるようにあなたができることから始めてみてくださいね。

 

【関連記事】

 

関連記事